海の森・山の森事務局からのメッセージ

企業のCSR活動への支援

CSR、Corporate Social Responsibility、いわゆる企業における利益追求だけではない「企業の社会的責任」という活動。私たちは、このCSR活動を支援していくことを考えています。私たちの活動は、環境への配慮を自発的により多くの方たちへ自然と促すものです。よくありがちな環境問題とは何かとか、環境とはこうあるべきだという、上から目線のメッセージを送るものではけっしてありません。また一般的には難解な専門用語を並べ立てたりする難しいメッセージでもありません。

自然について考える

世の中が多岐に広がり、地球環境を考えたり語ったりするには難しい時代となりました。しかし、自然環境に対しては、もっと根源に戻ってシンプルな考え方をすることこそが、今抱える環境に対しての問題を解決していく糸口であると私たちは考えています。メッセージのこもった環境に関する映像を鑑賞し、音楽も聴く。そのことで今まで関心のなかった自然に対してのいたわりやおもいやりの心を、より多くの人たちに持っていただくことこそが大切だと考えています。そのような意識を持つことで、私たちにもできることが一体何なのか、それを考えていただくための活動です。

有意義なCSR活動へ

ビジュアルコンサート開催はもちろんのこと、映像と音楽とを駆使したスライドトークショーや講演も活動の内容のカテゴリーとして用意されています。社外に対してのCSR活動としても、また企業内におけるCSR活動としても、私たちの活動は有意義な効果を導きだせるものと考えています。

商標登録について

私たちの活動のポリシー、またオリジナリティやクオリティを末永く維持させるため、「海の森・山の森」という私たちの活動の代名詞を商標として登録しました。(商標登録第5485729号)このことで、私たちは、私たちの活動に対して自信を持って押し進めることができるのと同時に、私たちの活動に対してご支援いただく方たちにも、安心して関わっていただいたり、加わっていただけるものと考えています。

ブランド化を意識

私たちの活動は、環境に対する啓蒙がベースです。その根本に基づき、私たちの活動そのものをひとつのブランドとして考えられるような方向性を視野に入れています。例えば、私たちの活動をご理解いただいて積極的にご支援やご助力をいただける方たちや団体さま、企業さまには、同士の印としてのステッカーやワッペン、バンダナ、Tシャツなどオリジナルなアイテムをご用意する方向性を考えています。そのことによって、私たちの活動や意識そのものを多くの方たちと共有したいと考えています。また今後の活動のしかたによっては、「海の森・山の森」認定の食材などという考え方もあり得ます。日本各地にあるさまざまな海の幸や山の幸。安心していただけて、しかも美味しいという独自の認定システムを構築することも視野に入れています。つまり、この「海の森・山の森」の名をさまざまな形でイメージブランドとして活用していこうという方向で考えているのです。

新しいコンテンツを提供

私たちの活動に終わりはありません。特に映像制作においては、今後も新しい映像を提供できる制作活動を自主的に行います。もちろんそれにしたがって、音楽のコンテンツもさらなる進化をさせる活動を並行して行います。特に音楽のジャンルは幅が広く、またその裾野も広いです。クラシック、ポップス、ジャズ、ロック、その他、さまざまな音楽ジャンルでの展開を考えていこうと思っています。なぜなら、映像も音楽もそれぞれが独自の強いチカラを持っていて、しかもこれらは言葉は関係なく、地球上の全世界で伝えられると考えているからです。

究極のテーマへの挑戦!

まずは日本における「水の輪廻」を表現していきます。さらにその先には、地球における「水の輪廻」というとてつもないテーマも見据えています。世界最高峰の山から海を考える。技術的に可能な限りの最深部への潜水艦の中から地上を考える。そんな、まだ歴史的にも世界的にも誰も一人ではなし得なかった地球を縦に割って地球を考えることに挑みます。もしも運良くこの究極のテーマが達成できたあかつきには、さらにもうひとつ先のテーマ・宇宙から地球を考える。そんな段階をひとつひとつ追いながら、私たちの活動を展開させていくつもりです。ご期待ください!

メディアとの取り組み

テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネットなど、あらゆるメディアと積極的に組んだ活動を展開していくつもりです。あくまでも私たちのメインは、社会貢献活動ではありますが、ただそういった活動をもっと広く世に広めていくことも社会貢献活動の使命だと考えているからです。また、私たちの活動に対し、寄付や協賛、また正会員や賛助会員としてサポートしてくださる企業さま、個人の方々に対しても、各メディアと組んだ活動を展開することによって、より大きなメリット性を感じて頂けるような活動にしていこうと考えています。

ラジオとのコラボ活動

ラジオというメディアの底力に私たちは注目しています。ビジュアル最優先の時代のように思われがちな現代ですが、ラジオという気軽に聴けて、しかも「音」だけの表現と影響力の大きさは底知れぬものがあります。目で見えたものはそこでイメージの広がりはストップしがちですが、耳から聞こえたものだけでのイメージ展開は無限です。コンサート開催の告知等の情報はもちろんですが、私たちの活動をより広く展開させていくためにも積極的にラジオというメディアと組んでいきます。

テレビやネットへの関与

テレビやインターネットの情報提供力も見逃せません。これらのメディアの持つ特性と影響力とを見据えながら、積極的に関わっていきます。

メディアミックス効果

テレビやラジオ、インターネット、さらにはそれらの情報を新聞や雑誌などとも三つどもえ、四つどもえになって展開させていくことを常に考えていきます。私たちの活動は限られた予算の中で、いかに効率よく活動していくかという、いわゆる「費用対効果」を常に念頭に置いた活動となります。そのうえで、同じ活動予算の中でメディアミックスによる相乗効果を求めた展開を導いていきます。

私たちの活動を応援してくださる方たちへ

To us the person who to root for our activities

  • 魚の群れ
  • 珊瑚と魚
  • 小魚の群れ
  • 光と魚

私たちの活動を応援してくださる方たちのために、

私たちは積極的にそのメリットを感じていただける要素を提案させていただきます。

もちろん寄付金等は、税制的にも経費算入が可能などのメリットはありますが、

そんなことだけにとどまらない活動を考えています。